トランプのカジノ帝国

1995年半ばから2009年前半まで、トランプは、トランプ・ホテル アンド カジノリゾートの会長を務め、2000年半ば~2005年半ばまで、CEOを務めました。会長としての13年間に、トランプのカジノ帝国は、計11億ドルを損失し、破産宣言を二回、18億ドルの債務を記録・再編成しました。同期間の間、同社は、トランプの専用ジェットの使用や、彼の名前とマーケティング専門知識へのアクセスに対する支払いを含めて、およそ8200万ドルをトランプに支払いました。1990年代半ばのトランプの復帰におけるカジノ帝国の役割は重要でした。当時、トランプはまだ、80年代後半と90年代前半の過失により財政難にあがいていました。トランプ・ホテルのIPOは、トランプの復帰をあおり、100億ドル以上の資産家としてのトランプに関する昨今の議論を呼びました。個人および機関投資家・株式投資家の提供によりIPOは上昇し、トランプを含めて、当時の大規模な取引は一般的に年金基金および保険会社でした。